QuantX Columns

週刊マーケット・レポート 1月30日

市況概要 米国のGDPが予想を上回ったことを受け、景気後退懸念が後退し、世界の株式市場は幅広く上昇しました。S&P500は2.5%、ダウ30は1.8%上昇し、ナスダック100は5%近く上昇しアウトパフォームしまし…

続きを見る

週刊マーケット・レポート 1月16日

市況概要 世界の株式市場は、インフレ率の継続的な低下と、中国がゼロコロナ政策を終了したことによる世界経済の回復見通しを好感し、2週連続で大幅高で2023年の幕開けを迎えました。米国の主要株価指数は、ナスダック100が4%…

続きを見る

週刊マーケット・レポート 12月26日

市況概要 クリスマス休暇を前に、世界の株式市場はまちまちとなりました。日銀が長年の金融政策から一転して衝撃的な決定を下したことに米国の主要株価指数が反応し、世界的に債券利回りが再び上昇したためです。ナスダック100は-2…

続きを見る

週刊マーケット・レポート 12月19日

世界の株式市場は、米連邦準備制度理事会(FRB)が予想以上にタカ派的な姿勢を示したことで投資家心理が悪化し、2週連続でもみ合いとなりました。米国の主要株価指数(S&P500、Nasdaq100、Dow30)は、軟…

続きを見る

週刊マーケット・レポート 12月12日

市況概要 先週の世界の株式市場は、重要な消費者物価指数の発表とFOMCを前に投資家が慎重になり、利益確定の売りが出て、米国株が下落する中、ほぼマイナスで推移しました。S&P500、ダウ30、ナスダック100はいず…

続きを見る

週刊マーケット・レポート 12月5日

市況概要 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長のハト派的な講演とPCEインフレ率の控えめな報告を受け、世界の株式市場はほぼ全面高となりました。米国の主要株価指数は、ナスダック100が2%上昇したのを筆頭に、S&P500…

続きを見る

週刊マーケット・レポート 11月28日

市況概要 連休中の米国株が上昇を再開し、世界の株式市場は幅広く上昇しました。ダウ30種は2%近く上昇し、10月の安値以降、アウトパフォームを続けています。一方、ナスダック100は0.8%上昇したものの、アマゾンを中心とし…

続きを見る

週刊マーケット・レポート 11月21日

市況概要 先週の世界の株式市場は、前週の猛烈な上昇の後、米国株が一息ついたため、まちまちの動きとなりました。S&P500とナスダック100は約1%下落し、ダウ30はほぼ横ばいとなりました。セクター別では、消費者裁…

続きを見る

週刊マーケット・レポート 11月14日

市況概要 世界の株式市場は、消費者物価指数(CPI)が驚くほど低い数値で発表されたことを受けて急騰し、連邦準備制度理事会(FRB)の引き締めサイクルが終わりに近づいているとの楽観的な見方に拍車をかけました。米国株は、ナス…

続きを見る

週刊マーケット・レポート 11月7日

市況概要 先週の世界の株式市場は、タカ派的なFOMCと予想を上回る米国のNFP雇用統計を受けて、まちまちの動きとなりました。米国株は前週の大幅上昇から反落し、ナスダック100が6%の大幅下落、S&P500が3%、…

続きを見る

© Smart Trade Inc.