市況概要

世界の株式市場は、インフレ率の継続的な低下と、中国がゼロコロナ政策を終了したことによる世界経済の回復見通しを好感し、2週連続で大幅高で2023年の幕開けを迎えました。米国の主要株価指数は、ナスダック100が4%、小型株のラッセル2000が5%上昇し、S&P500とダウ30がともに2%前後上昇するなど、急伸しました。セクター別では、半導体が6%超の上昇と波乱の2022年を乗り越えて反発している一方、消費財が-1.4%とディフェンシブセクターがアンダーパフォームしています。
日本では、日経平均は円高の継続に引きずられ、0.5%高で推移しましたが、週明けは-1%以上の下げ幅が予想されています。他のアジア諸国では、ハンセンが3%上昇し、中国の堅調な経済回復を楽観視する中で、現在8%の大幅上昇となっています。一方、欧州の株式は STOXX600 指数ベースで約 2%上昇しました。
為替市場では、軟調な消費者物価指数やその他の経済指標が発表され、米ドルには引き続き下げ圧力がかかりました。特に米ドル/円は3%急落し、重要な130円の水準を割り込んだが、ユーロ/米ドルと豪ドル/米ドルはともに1%以上上昇した。商品先物では、原油が8%急騰し、金は3%上昇し、米ドル安を背景に約1年ぶりに1,900ドル/オンス以上で取引を終えました。一方、暗号通貨はBTCが2万ドルを超える勢いで上昇し、他のリスク資産とともに上昇しました。


アルゴリズムパフォーマンスランキング

アルゴリズムWeekly Return
鉄鋼金属機械-機械学習E+T6.38%
【人気アルゴ再販売】東証厳選40大型株銘柄4.53%
35日ボリンジャーバンドを用いたアルゴリズム3.54%
01農林水産特定-機械学習A3.46%
[2020/6版] 20日 ボリンジャーバンド(±1σ) を利用したアルゴリズム3.36%
卸売小売-機械学習E2.80%
5G特選銘柄2.72%
中成長α-機械学習E+T2.18%
新・3年株価成長率良好-情報通信-機械学習G+T2.15%
【20万円で始める】低位株・出来高分析売買投資2.12%


日本の株式市場全体が冴えない週であったにもかかわらず、いくつかのアルゴリズムは素晴らしいパフォーマンスを示しました。鉄鋼金属-機械学習E+Tは、産業用金属ポートフォリオが再び好調となり、6%以上上昇しました。【人気アルゴ再販売】東証厳選40大型株銘柄は、3382(株)セブン&アイ・ホールディングスの買いシグナルが成功し、4.5%上昇しました。35日ボリンジャーバンドを用いたアルゴリズムでは、4369(株)トリケミカル研究所の強い回復ラリーにより3.5%上昇しました。