市況概要

クリスマス休暇を前に、世界の株式市場はまちまちとなりました。日銀が長年の金融政策から一転して衝撃的な決定を下したことに米国の主要株価指数が反応し、世界的に債券利回りが再び上昇したためです。ナスダック100は-2.5%の下落で、特にアンダーパフォームしました。一方、S&P500は横ばい、ダウは0.9%の上昇となりました。セクター別では、債券利回りの上昇を受け、テクノロジーが2%以上下落した一方、原油の回復を受けエネルギーが3%上昇しました。
日本では、日銀がイールドカーブ・コントロール・プログラムを調整し、事実上の利上げと見なされて投資家を驚かせたため、日経平均は約5%急落しました。その他のアジア市場では、中国でのCOVID-19の感染状況が引き続き注目され、ハンセンは2週連続で横ばいで推移しました。一方、欧州株はSTOXX600種指数を基準に0.6%上昇しました。
為替市場では、日銀のタカ派的な政策決定を受けて米ドルが主要通貨のほとんどに対して売られ、特に米ドル/円は3%近くも下落しました。一方、NZD/USDは予想以上の貿易赤字を受けて1.4%下落しました。 商品先物では、原油はさらに7%上昇し回復を続け、金は3週連続でほぼ横ばいとなりました。一方、暗号通貨はBTCがほぼ横ばいとなり、他の資産クラスの大きな動きに対して比較的穏やかな反応となりました。


ストラテジーパフォーマンスランキング

アルゴリズムWeekly Return
日経平均ブル・ベアETF6.29%
【空売り】ダウンサイド・トレンドフォロー1.05.41%
【空売り】ダウンサイド・トレンドフォロー1.12.76%
【日米株・金・原油】 資産分散ETF・安定型1.05%
26卸売時価-MACD0.31%



日本の株式市場が乱高下した週であったにもかかわらず、いくつかのアルゴリズムが素晴らしいパフォーマンスを示しました。日経平均ブル・ベアETFは、1357(NEXT FUNDS)の買いシグナルが成功した後、6%上昇しました。【空売り】ダウンサイド・トレンド・フォロー1.0は、空売り銘柄のポートフォリオの強さが再確認され、5%上昇しました。【空売り】ダウンサイド・トレンド・フォロー1.1は、空売り銘柄がやや奏功し、3%近く上昇しました。