市況概要

米連邦準備制度理事会(FRB)による積極的な金融引き締めへの懸念が続く中、世界の株式市場は低迷し、米国株は3週連続の下落となりました。S&P500とダウ30は約3%下落し、ハイテク株比率の高いナスダック100と小型株指数のラッセル2000は4%以上暴落しました。セクター別では、米国政府が中国へのチップ販売を制限することを決定したため、半導体が7%近く下落し、テクノロジーセクター全体も5%下落し、依然として強い売り圧力にさらされています。

日本では、日経平均株価は3%以上下落し、円相場が24年以上ぶりの安値水準となる中、重要な水準である28,000円を割り込みました。他のアジア地域でも、米中間の地政学的緊張が再び高まる中、ハンセン指数が3%以上下落しました。一方、欧州の株式は STOXX600 指数ベースで 2%下落しました。

為替市場では、米国の非農業部門雇用者数が予想を上回ったことを受けて、米ドルの上昇が続きました。注目すべきは、米ドル/日本円が140ドルを超えて上昇し、ポンド/米ドルは1.15まで下落し、数十年来の安値に近づいていることです。 商品先物では、原油が約7%暴落し、90ドル/バレルを下回り、金は1.5%下落しました。一方、暗号通過はBTCが20,000ドル以下に沈むなどまちまちでしたが、一方でETHは重要な1,500ドルレベルを上回り維持されました。

アルゴリズムランキング

アルゴリズムWeekly Return
卸売小売-機械学習E1.21%
日本株ショート戦略アルゴリズム(βヘッジ用)0.96%
【空売り】ダウンサイド・トレンドフォロー1.00.50%
27小売成長-MACD0.48%
ジャスダック好調-機械学習B0.40%

株式市場の混乱が続く中、いくつかのアルゴリズムはプラスのパフォーマンスを上げることができました。卸売小売-機械学習Eは、7610 (株)テイツーの力強い回復を受けて1%以上上昇しました。日本株戦略ショートアルゴリズム(βヘッジ用) は、1356 TOPIXベア2倍上場投信、の買いシグナルが成功した後、1%近く上昇しました。【空売り】ダウンサイド・トレンド・フォロー1.0は、ショートポートフォリオが小幅に上昇し、0.5%上昇しました。