市況概要

金曜日の年次ジャクソンホールシンポジウムでのパウエル連邦準備制度理事会議長のタカ派的な発言を受け、世界の株式市場は6月以来最悪の下落に見舞われました。米国の株価指数はダウ30種、S&P500種、ナスダック100種がいずれも3%以上下落し、週明けから下落を主導しました。セクター別では、金利に敏感なテクノロジーセクターが4%以上下落し、一般消費財市場と工業製品も3%以上下落しました。

日本では、日経平均は-1%の下落にとどまりましたが、先物取引の金曜日夕方の終値からすると、週明けは3%のギャップダウンが予想されています。アジアの他の地域では、中国のハイテク株がニューヨーク証券取引所に上場し続けることができるという憶測を受け、ハンセンが2%上昇しました。一方、欧州の株式は米国株と同様に下落し、STOXX600は3%以上下落しました。

為替市場では、予想より軟調なPCEインフレ数値が、金曜日のパウエルFRB議長のタカ派的なメッセージによって相殺され、米ドルは広く上昇しました。ユーロ/米ドルは重要なパリティレベル(1.00)を下回り、米ドル/円は2週連続して137円を超えています。コモディティでは、OPECが減産を示唆した後、原油は2%上昇しましたが、金は米ドル高に伴い-0.5%下落しました。一方、暗号通貨はBTCとETHがそれぞれ-6%と-8%下落し、より広範なリスク資産とともに下落しました。

アルゴリズムランキング

アルゴリズムWeekly Return
【20万円で始める】低位株・出来高分析売買投資3.30%
01農林水産特定-機械学習A2.96%
5G特選銘柄1.40%
高成長組み合わせ-機械学習B1.35%
【投資金額50万円からの】売り上げ堅調銘柄・出来高分析売買1.18%
【飲食店業界逆張り】残存者利益を狙う-出来高分析売買-1.13%
ジャスダック好調-機械学習B1.10%
[2020/6版] 20日 ボリンジャーバンド(±1σ) を利用したアルゴリズム1.03%
日本株ショート戦略アルゴリズム(βヘッジ用)1.03%
トレンドフォローXIII mini0.97%

日本の株式市場全体がネガティブな週であったにもかかわらず、いくつかのアルゴリズムが堅調なパフォーマンスを示しました。【20万円で始める】低位株・出来高分析売買投資は5816 オーナンバ(株)の継続的なブレイクアウトラリーのおかげで3%上昇。01農林水産特定-機械学習A も1382(株)ホーブの買いシグナル成功で3%近く上昇しました。次に、5G特選銘柄は6904原田工業(株)で小幅に反発し、1.4%上昇しました。