市況概要

世界の株式市場は利益確定の売りに押され、米国株が週内の上昇を帳消しにし、4週連続の上昇を止めたことから、低迷しました。ダウ30種は-0.2%、S&P500種は-1%、ナスダック100種とラッセル2000種は2%以上下落し、さらに悪化しました。セクター別では、半導体が4%以上下落し、一方、ディフェンシブセクターの消費財や公益事業が1%以上上昇しました。

日本では、円安が再び進行し、日経平均は1%上昇し、3週連続のプラスとなりましたが、29,000円の強い抵抗に遭いました。アジアでは、中国経済が低迷する中、中央銀行が金利を引き下げたにもかかわらず、ハンセンは2%下落し、中国株は引き続き強い売り圧力にさらされています。一方、欧州の株式はSTOXX600種指数ベースで-0.8%下落しました。

為替相場は、国債利回りの上昇を背景に米ドルが急反発しました。コモディティ通貨の豪ドルとNZDはリスクオフの環境下で対米ドルで3-4%急落し、米ドル/円は136円を超えて2.5%上昇しました。商品先物では、原油は-1%下落し、金は米ドル高を背景に3%下落しました。一方、暗号通貨はBTCとETHがそれぞれ12%と18%以上下落し、より幅広いリスク資産とともに下落しました。

アルゴリズムランキング

アルゴリズムWeekly Return
【20万円で始める】低位株・出来高分析売買投資6.06%
トレンドフォローXIII mini4.93%
中成長α-機械学習E+T4.13%
【初期資金100万円:飲食店業界逆張り】 [出来高x上下ヒゲ]の大きさによる分析3.74%
卸売小売-機械学習E2.88%
鉄鋼金属機械-機械学習E+T2.67%
【日米株・金・原油】 資産分散ETF・安定型2.66%
20日 ボリンジャーバンド 1σ を用いたアルゴリズム2.58%
【コロナショックで値上がりした銘柄への投資】出来高/チャート分析による売買アルゴリズム2.27%
トレンドフォローXIII2.02%

日本の株式市場の回復が続く中、いくつかのアルゴリズムが堅調な利益を上げました。【20万円で始める】低位株・出来高分析売買投資は、5816オーナンバ(株)の大規模なブレイクアウトラリーのおかげで6%上昇しました。次に、トレンドフォローXIII miniは、6890(株)フェローテックホールディングスで同様に大幅高となり、5%近く上昇しました。中成長α-機械学習E+Tは、成長株ポートフォリオの継続的な反発により4%以上上昇しました。