市況概要

先週の世界の株式市場は、好調な企業収益と米連邦準備制度理事会(FRB)による積極的な引き締めに対する懸念で、まちまちの動きとなりました。S&P500とダウ30はほぼ横ばい、ナスダック100とラッセル2000は2%の上昇となりました。セクター別では、好調な業績を背景にテクノロジーと半導体がそれぞれ2%、3%上昇した一方で、原油価格の下落に伴いエネルギーが7%近く下落しました。

日本では、円安を背景に日経平均が1.3%上昇し、6月上旬以来の28,000円台を記録しました。その他のアジア市場では、ハンセンが台湾と中国の対立激化を受けて数カ月ぶりの安値まで下落した後、ほぼ前週末並みの水準まで反発しました。一方、欧州の株式はSTOXX600種指数ベースで-0.6%の下落でした。

為替市場では、予想を大きく上回る雇用統計の発表を受け、米ドルが全面的に上昇しました。一方、商品通貨である豪ドル、NZドル、カナダドルはいずれも対米ドルで1%程度弱くなった。商品先物分野では、原油が10%下落し、ウクライナとロシアの紛争が始まって以来最も低い水準で取引されています。金は米ドル高にもかかわらず0.7%上昇しました。一方、暗号通貨では、Solanaウォレットで数百万ドルの盗難事件が発生し、暗号通貨には再び売り圧力がかかり、BTCとETHはわずかにマイナスで週を終えました。

週間アルゴリズムランキング

アルゴリズムWeekly Return
機械学習逆張り II4.53%
【20万円で始める】低位株・出来高分析売買投資4.12%
トレンドフォローXIII mini3.95%
[50万円〜]NASDAQ100 ETF インデックススイングトレード3.61%
トレンドフォローIX3.11%
鉄鋼金属機械-機械学習E+T2.98%
20日 ボリンジャーバンド 1σ を用いたアルゴリズム2.81%
中成長α-機械学習E+T1.78%
27小売成長-MACD1.72%
【日米株・金・原油】 資産分散ETF・安定型1.53%

日本の株式市場が上昇を続ける中、いくつかのアルゴリズムが堅調なパフォーマンスを示しました。機械学習逆張りIIは、6146 (株)ディスコの強い回復ラリーにより4.5%上昇しました。20万円で始める低位株・出来高分析売買投資は、5816オーナンバ(株)のブレイクアウト上昇により4%上昇しました。トレンドフォローXIII miniも6070キャリアリンク(株)が引き続き好調で4%近く上昇しました。