市況概要

先週の世界の株式市場は、米連邦準備制度理事会(FRB)による積極的な金融引き締めへの懸念が継続し、暴落した米国株を筆頭に、幅広く下落しました。ナスダック100は-3%、S&P500は-2%下落し、ダウ30は-0.8%の下落で比較的堅調に推移しました。セクター別では、債券利回りの急上昇によりテクノロジー株が-4%近く下落し、大手銀行の決算発表が予想を下回ったことから金融株も-3%程度下落しました。
日本では、日経平均は-2.5%まで下落しましたが、外国人投資家の日本株への資金流入の報道により、すべての下落が帳消しになり、週を終えました。 アジアでは、上海のコロナによるロックダウンが長期化する懸念から、ハンセンがさらに-1%下落しました。 一方、欧州の株式は、STOXX600指数ベースで-0.3%の下落でした。
為替市場では、国債利回りの上昇を背景とした幅広い米ドル高が引き続き主要なテーマとなっています。一方、ユーロ/米ドルは-0.5%弱含み、数年ぶりの安値となった。商品先物では、原油が105ドル/バレルを超える強い回復を見せ、天然ガスは10%上昇し2008年以来の高値となりました。一方、暗号通貨は米国株とともに再び下落し、BTCは-4%下落し、重要な40,000ドルのレベルをわずかに上回る水準でした。

アルゴリズムランキング

アルゴリズムWeekly Return
鉄鋼金属機械-機械学習E+T4.96%
【投資金額50万円からの】売り上げ堅調銘柄・出来高分析売買3.79%
【TOPIX100】AIトレード:学習済みニューラルネットワーク②3.55%
5G特選銘柄3.14%
日経225レバレッジETF(VIXヘッジ付)2.64%
【日米株・金・原油】 資産分散ETF・安定型2.56%
15機械堅実-グランビル法則+RCI/RSI1.76%
【空売り】ダウンサイド・トレンドフォロー1.01.10%
【東証1部大型株15銘柄】AIトレード:勾配ブースティング0.99%
35日ボリンジャーバンドを用いたアルゴリズム0.80%

日本の株式市場が不安定な週となったにもかかわらず、いくつかのアルゴリズムはプラスのパフォーマンスを上げることができました。鉄鋼金属-機械学習E+Tは、産業用金属株ポートフォリオの小幅な反発により5%の上昇を示しました。【投資金額50万円からの】売り上げ堅調銘柄・出来高分析売買は、3479 (株)ティーケーピーの力強い回復により4%近く上昇しました。【TOPIX100】AIトレード:学習済みニューラルネットワーク②は、7012 川崎重工業(株)など産業株のポジションが堅調に回復し、3.5%上昇しました。