市況概要

先週の世界の株式市場は、高止まりするインフレと、ロシアとウクライナの軍事衝突の可能性に対する懸念が高まる中、センチメントが悪化し、まちまちの展開となりました。米国の主要株価指数は、S&P500が約2%、ナスダック100が約3%下落し、下落を主導しました。セクター別では、原油価格の続伸によりエネルギーが2%超上昇し、トレンドに逆行した一方、ハイテクセクターは3%下落しました。

日本では、日経平均は取引時間中に約1%上昇しましたが、金曜のシカゴ先物終値に基づき、今週は700ポイントの下落が予想されています。アジアの他の地域では、中国の国家資金が国内株式市場を押し上げるために介入した後、ハンセンが1%以上上昇しmした。一方、欧州株は前週のECB後の下落から反発し、1%超の上昇となりました。

為替市場では、予想を上回るインフレ報告の発表を受けて、米ドルは小幅に反発しました。EUR/USDは約0.6%下落し、前週の上昇分を一部戻しました。ドル円は一時116を超える急騰後、0.1%の上昇で落ち着きました。一方、商品市況が堅調に推移したことにより、豪ドルおよびNZドルは2週連続で上昇しました。商品では、ロシアとウクライナの地政学的懸念の高まりから原油が94ドル/バレルを超えて上昇し、金も安全資産の流れから3%上昇しました。一方、暗号通貨は、BTCとETHが最終的に42,000ドルと2,900ドル付近で取引され、より広いリスクオフ環境の中で上昇分を打ち消した後、変化なしからわずかに下降しました。

アルゴリズムランキング

アルゴリズムWeekly Return
20日 ボリンジャーバンド 1σ を用いたアルゴリズム14.90%
高成長組み合わせ-機械学習B14.04%
35日ボリンジャーバンドを用いたアルゴリズム6.12%
33サービス成長-MACD5.49%
卸売小売-機械学習E4.40%
中成長α-機械学習E+T4.28%
[50万円〜]NASDAQ100 ETF インデックススイングトレード4.06%
日経平均ブル・ベアETF3.65%
【TOPIX100】AIトレード:ニューラルネットワーク3.56%
機械学習逆張り I <時価総額上位銘柄投資>3.27%

日本の株式市場が反発を続ける中、いくつかのアルゴリズムが堅調なパフォーマンスを示しました。20日 ボリンジャーバンド 1σ を用いたアルゴリズム は、2471(株)エスプールの強い反発を受けて15%近くも上昇しました。高成長組み合わせ-機械学習Bは、成長株ポートフォリオの強さを再確認し、14%上昇しました。35日ボリンジャーバンドを用いたアルゴリズムは、2471(株)エスプールの反発もあり、6%上昇しました。