市況概要

先週の世界の株式市場は、木曜日にバイデン氏の景気刺激策が発表された後、米国の株価指数が利食い売りに見舞われたため、混戦模様となりました。S&P500は1.5%下落し、ナスダック100は2%以上の下落となりました。 金融セクターとエネルギーセクターがプラスとなった一方で、テクノロジーセクターが下落したため、景気循環株へのローテーションが引き続きテーマとなっています。

日本では、日経平均株価が29,000円を割り込んだ後の金曜日の売りにもかかわらず、日経平均株価は+1%の上昇で連勝を3週間に延長することができました。一方、欧州株は米国市場と並んで下落し、STOXX 600は0.8%下落しました。

為替市場では、リスクオフの心理が戻ってきたことを受けて米ドルが反発し、ユーロは-1%以上の下落、豪ドルは0.7%の下落となりました。商品先物では、ドル高を受けて金、原油ともにマイナスとなりました。暗号通貨は、BTCが3万6000ドル以下に10%以上急落したことから、市場全体の売り圧力に引きずられました。

週刊アルゴリズム・ランキング

アルゴリズムWeekly Return
[公式]ETFブルベア両対応 2020年11月版13.23%
[2020/6版] 20日 ボリンジャーバンド(±1σ) を利用したアルゴリズム12.34%
[公式] 巣ごもり 20年9月8.14%
[公式]厳選東証大型株銘柄7.00%
コロナ耐性銘柄×トレンドフォロー5.66%
【日経平均&TOPIX連動レバレッジETF】AIによる短中期トレード4.89%
5G特選銘柄4.67%
[公式]コロナウイルス関連銘柄 20年8月3.92%
[公式]半導体関連 20年9月3.32%
04食料品時価-機械学習A3.27%

週の後半に市場全体が不安定な動きに転じたにもかかわらず、いくつかのアルゴリズムが堅調な利益を上げることができました。 [公式]ETFブルベア両対応2020年11月版は、1570日経平均レバレッジETFで13%の上昇と、日経平均の勢いに乗り続けました。続いて、[2020/6版]20日ボリンジャーバンド(±1σ)を利用したアルゴリズムは、7071(株)アンビスホールディングス、2471(株)エスプールの買いシグナルの成功で12%の上昇となった。一方、テーマ投資[公式]巣ごもり 20年9月は、リモートワーク関連銘柄が引き続き堅調に推移したことで8%上昇しました。