市況概要

世界の株式市場は、米国の主要指数がほとんど横ばいであったため、静かなクリスマスシーズン市場となりました。 S&P500とナスダック100は約0.1%の下落でした。今週の注目は小型株指数のラッセル2000です。さらに1.8%上昇して史上最高値を更新し、現在8週連続で上昇しています。

日本では、コロナウイルスの第3波が強まる中、日経平均株価は0.4%下落しました。欧州株式はほぼ横ばいで、STOXX 600は0.1%下落しました。

為替市場では、米ドルがユーロ(0.6%増)、円(0.3%増)、主要商品通貨に対して小幅な反発を見せました。英ポンドは例外で、英ポンドは英欧間のブレグジット合意を受けて数年来の高値まで上昇しました。商品先物では、金はほぼ横ばい、原油は薄商いの中で2%近く下落しました。 ビットコインはまだ減速の兆候を示しておらず、26000ドルを超えて、史上最高値を追っています。

週刊アルゴリズム・ランキング

アルゴリズムWeekly Return
マザーズ好調-機械学習B10.90%
[公式]半導体関連 20年9月5.44%
[公式]クオンツ集合知プロ ハイリターン型4.48%
ジャスダック好調-機械学習B4.36%
[公式] 巣ごもり 20年9月3.78%
20日 ボリンジャーバンド 1σ を用いたアルゴリズム3.35%
[公式] デジタルトランスフォーメーション 20年9月2.00%
01農林水産特定-機械学習A1.09%
コロナ耐性銘柄×トレンドフォロー1.05%
[2020/6版] 20日 ボリンジャーバンド(±1σ) を利用したアルゴリズム0.86%

市場全体としては横ばいが続いているにもかかわらず、複数のアルゴリズムが堅調な利益を上げました。
マザーズ好調-機械学習B はマザーズ指数の小型株の反発が強く、10%以上の上昇となりました。続いて、テーマストラテジーの[公式]半導体関連20年9月は、半導体セクターが再び堅調に推移し、5%以上の上昇となりました。同様に、[公式]クオンツ集合知プロ ハイリターン型もテクノロジー関連株のリバウンドを受けて4%以上の上昇となりました。