世界的な株高ラリーが再開され、米国の株価指数は感謝祭期間中の薄商いの中で大幅に上昇しました。S&P500とダウ30はともに2%上昇し、ナスダック100はテクノロジー株の反発を受けて3%上昇しました。市況産業株は引き続き好調で、エネルギーセクターが再び牽引し、8%以上の上昇となりました。

日本では、日経平均株価はコロナウイルス第3波の懸念を払拭し、4%急騰し、約30年ぶりに26000円台を突破しました。 欧州株式は4週連続で上昇しましたが、STOXX 600は0.6%増と比較的小幅な上昇にとどまりました。

通貨では、米ドルは下落し、ユーロは0.9%近く上昇しました。さらに注目すべきは、リスクマインドと経済見通しの改善を受けて、豪ドルとニュージーランドドルがともに対米ドルで2年以上の高値を記録したことです。同様に、コモディティでは、金(4%減)と原油(8%増)の両極端なパフォーマンスも、世界的な景気回復が先行していることを意味しています。一方、ビットコインの好調な勢いはついに一服し、BTC/USDは利益確定売りで17000ドルまで下落しました。

週刊アルゴリズム・ランキング

アルゴリズムWeekly Return
[公式]クオンツ集合知プロ ハイリターン型52.25%
マザーズ好調-機械学習B43.50%
[公式]半導体関連 20年9月40.82%
[公式] 2019秋 半導体関連32.71%
情報通信好調-機械学習B31.82%
35日ボリンジャーバンドを用いたアルゴリズム28.87%
20日 ボリンジャーバンド 1σ を用いたアルゴリズム15.92%
コロナ耐性銘柄×トレンドフォロー14.85%
[公式]サイバーセキュリティ関連 20年9月14.00%

先週の世界的な株高ラリーの恩恵を多くのアルゴリズムが受けました。特に、[公式]クオンツ集合知プロ ハイリターン型は、2354(株)YE DIGITALとテクノロジーセクター全般の力強い回復ラリーのおかげで50%以上の利益を上げました。次に、マザーズ好調-機械学習Bは、小型株ポートフォリオの急上昇に牽引され、43%のリターンを得て、今週も堅調に推移しました。 また、半導体セクターの好調により、テーマ投資アルゴリズム[公式]半導体関連20年9月が40%の上昇となりました。