マーケット概況

月曜日のファイザー社のワクチン発表で、世界的なコロナウイルスによるパンデミックが終息に近づいているとの期待感が高まり、世界の株式市場は今週も堅調な動きを見せました。しかし、米国の主要株価指数は、ダウ30が4%上昇したのに対し、ナスダック100はマイナス1%となり、実際には混合相場となりました。この乖離は、パンデミックの影響で大きな利益を得たテクノロジー株や「巣ごもり型」株から、景気に敏感な循環型株への移行によって引き起こされています。例えば、銀行セクターは8%、エネルギーセクターは17%と驚異的な上昇を見せました。

日本では、日経平均株価が4%もの上昇となり、数十年ぶりの高値を更新しましたが、コロナウイルスの第3波が懸念される中、金曜日には9日間の連騰が途切れました。欧州株式の回復基調は継続し、STOXX 600は先週5%上昇しました。

通貨では、米国債利回りの上昇がドルの前週の下落からの跳ね返りを支援しました。特筆すべきは、米ドル/円がワクチンの発表を受けて103から105.5へと急騰し、今週は1%以上の上昇に終わったことです。先物は、金が3%下落した一方で、原油は8%上昇してリスクオンのセンチメントに支えられていたため、混合相場となりました。一方で、BTCが16,000ドルを超えて取引を終え、2018年に設定された史上最高値19,000ドルに近づいていることから、ビットコインに強い勢いが出てきています。

週刊アルゴリズム・ランキング

アルゴリズムWeekly Return
20日 ボリンジャーバンド(±1σ) を利用したアルゴリズム(2019/12 選定版)11.73%
[公式]厳選東証大型株銘柄9.87%
04食料品時価-機械学習A8.85%
[公式]ゲーム関連 20年9月8.01%
[公式] 2019秋 5G7.11%
20日 ボリンジャーバンド 1σ を用いたアルゴリズム7.06%
ジャスダック好調-機械学習B5.06%
マザーズ好調-機械学習B4.88%
AI活用型 日経平均Long-Short ETF アルゴリズム3.21%

今週のトップアルゴリズムは、循環型株を中心とした株式市場の上昇をうまく利用できた物になりました。1位の「20日 ボリンジャーバンド(±1σ) を利用したアルゴリズム(2019/12 選定版)」 は、短期的には修正されていた2つの銘柄(  3678 (株)メディアドゥ、4369 (株)トリケミカル研究所 )が回復上昇したことで、12%近く上昇しました。次に、 [公式]厳選東証大型株銘柄  は、6503 三菱電機(株)などの産業株の買いシグナルが成功し、10%近く上昇しました。 一方、第3位の 04食料品時価-機械学習A  は、食品・飲料セクターの堅調な動きに支えられ、9%程度の上昇となりました。

注目アルゴリズム「 [公式]再生可能エネルギー」

近日発売予定の アルゴリズム「 [公式]再生可能エネルギー」のご紹介です。米国の選挙で最も注目されている分野の一つが再生可能エネルギーで、地球規模の気候変動を最優先課題の一つとするバイデン政権から大きな恩恵を受けることが期待されています。バイデン氏は最近、パリ気候協定への再参加を約束し、グリーン・ニューディールの主要な支持者でもあります。[公式]再生可能エネルギーは、過去5ヶ月間で70%のリターンを得て、予想された政治的な変化を利用することができたので、今後も好調なパフォーマンスを維持できると考えています。

販売手続きが完了次第リリースいたします。今しばらくお待ちくださいませ。