マーケット概況

世界の株式市場は、週末にバイデン氏が勝利を宣言すると予想されていることから、米国の選挙をめぐる不確実性が収まった後、急反発しました。S&P500は7%上昇し、ナスダック100は9%以上の上昇となりました。共和党が上院の過半数を維持すると予想される中、バイデン氏の増税案は通らないだろうと投資家が楽観視しているため、成長株、特にテクノロジーセクターが大幅に上昇しました。

米国以外の株式市場も印象的な上昇を見せました。これは、バイデン政権の下で貿易戦争が緩和される可能性があることが、成長と企業収益を押し上げる可能性があるからです。   日本では、日経平均株価が6%近く上昇し、数十年ぶりの高値24000を突破したほか、欧州株もストックス600が7%上昇するなど、力強い回復を見せました。同様に、米中関係の改善への期待が香港のハンセン指数を7%近く押し上げました。

通貨では、米ドルが先週の上昇分を戻し、ユーロは2%、円は1%の上昇となった。金と原油がともに4%近く上昇したことで、米ドル安が先物市場にも影響を与えています。一方、ビットコインは強い勢いを維持し、一時17,000ドルに接近しましたが、週末には急激な利益確定が入って、15,000ドル以下に戻ってきました。

週刊アルゴリズム・ランキング

アルゴリズムWeekly Return
トレンドフォロー×分散投資23.12%
情報通信好調-機械学習B22.25%
コロナ耐性銘柄×トレンドフォロー15.98%
3年株価上昇率好調-機械学習B15.43%
20日 ボリンジャーバンド(±1σ) を利用したアルゴリズム(2019/12 選定版)15.07%
高成長組み合わせ-機械学習B15.03%
マザーズ好調-機械学習B14.92%
[公式] デジタルトランスフォーメーション 20年9月14.62%


世界市場が反転して上げ相場になる中、多くのストラテジーが+10%を超える驚異的な利益を上げました。特に、 トレンドフォロー×分散投資  、 情報通信好調-機械学習B    の上位2アルゴリズムはは、2588プレミアムウォーターホールディングス、4686ジャストシステムのような小型株が大きく反発したことで、20%以上の上昇となりました。全体的には、テクノロジーセクターを中心とした成長株への投資が、先週の上位アルゴリズムの好成績の要因となっています。