このところ比較的好調なアルゴリズムの分析です。取り上げるアルゴリズムは[公式]量子コンピューターです。

量子コンピューター事業に関連する企業の株式を売買します。
移動平均線、ボリンジャーバンド、カウフマン移動平均を利用して、長期上昇トレンドの中の短期の売られすぎ銘柄を買う戦略です。
エクジットはボリンジャーバンドを使います。

6月14日時点で累積損益は72.4%、マックスドローダウンは15.92%と少々大きくなっています。

アルファは0.3434、ベータは0.4145となり、インデックスの動きとの連動性は高くはありません。

シャープレシオは1.4738とそこそこの高さです。

組み入れ銘柄は日本を代表する電機メーカーや通信会社など大型の銘柄も含まれています。

量子コンピューターという長めのテーマを追いかけ、かつ高いリターンを期待できるアルゴリズムは面白いと思います。

またこのアルゴリズムは販売価格が比較的安く、投資家にも懐にも優しいアルゴリズムになっています。

☆[公式]量子コンピューターを見る