このところ好調が続く[公式] REITsについてです。

このアルゴリズムの作者の紹介によると中長期的に上昇トレンドにある銘柄で短期的に売られすぎを買って、買われすぎたら利益確定するとしています。
REITの銘柄に投資しています。

今年に入ってからの累積損益を8%強から25%に増大させており、損益は現状が最も高いレベルです。

最大ドローダウンは7.91%、アルファは0.1591、ベータは0.129となっています、シャープレシオは2.2017となっています。

ベータが0.129ということは日経平均やTOPIXのインデックスの動きの影響は限定的です。

5月に入り日経平均が下落しているにもかかわらず、それに反比例してこのアルゴリズムは累積損益を20%ほどから25%ほどに拡大させています。

また1月から5月の上昇局面でも累積損益は8%ほどから20%ほどに拡大させています。

このようにベータ値が低い銘柄は指数の影響を受けづらい特徴があります。

買いシグナルはボリンジャーバンドとEMAの組み合わせで判断。利食いに関してはボリンジャーバンドで判断するとともに利益確定用のトレーリングストップを利用しています。

リートの分配金の利回りは高いもので6.3%、低いもので2.8%となっており3~4%の利回りが多いようです。

株式の下落局面でも分配金の利回りの高いものが株価の下支えの材料にもなっています。

インデックスの上昇局面ではグロース(成長株)のパフォーマンスが良好ですが、下落局面ではPBRや配当利回りなどを見て割安なバリュー株が選好されやすい傾向があります。

インデックスが神経質な動きが続くなかでREITが分配金利回りに注目して堅調になる可能性もあり、このアルゴリズムも注目したいと思います。

今ならQuantX新規会員登録[公式] REITs半額クーポンプレゼント中です!

☆[公式] REITsを見る

☆REIT関連記事
活況のJ-REITs!なぜ資金は流れ込んだか
今勝ち続けるアルゴリズム!REITはどこまで伸びるのか?