QuantX Columns

週刊マーケット・レポート 8月15日

市況概要 先週は、米国の消費者物価指数(CPI)とインフレ率(PPI)がともに予想を下回り、米連邦準備制度理事会(FRB)がハト派的なスタンスに転じるとの見方が広がり、世界の株式市場は急騰した。米国の株価指数はS&amp…

続きを見る

週刊マーケット・レポート 8月8日

市況概要 先週の世界の株式市場は、好調な企業収益と米連邦準備制度理事会(FRB)による積極的な引き締めに対する懸念で、まちまちの動きとなりました。S&P500とダウ30はほぼ横ばい、ナスダック100とラッセル20…

続きを見る

週刊マーケット・レポート 8月1日

市況概要 予想以上にハト派的なFOMCを受け、米国株が2020年11月以来の月間パフォーマンスを記録し、世界の株式市場は高値圏で7月を終えました。S&P500とナスダック100は4%急騰し、ダウ30は週足で3%上…

続きを見る

週刊マーケット・レポート 7月25日

市況概要 先週の世界の株式市場は全般的に上昇し、米国株は予想を上回る企業収益報告によって弱い経済指標が相殺され、1ヶ月ぶりの高値に回復しました。S&P500とダウ30は2%上昇し、ナスダック100と小型株のラッセ…

続きを見る

週刊マーケット・レポート 7月18日

市況概要 先週の世界の株式市場は、米国の消費者物価指数(CPI)が予想を大きく上回ったことを受け、FRBによる引き締め強化への懸念が再燃し、ほぼ全面安の展開となりました。米国の主要株価指数は最大で5%下落しましたが、その…

続きを見る

週刊マーケット・レポート 7月11日

市況概要 世界の株式市場は下半期に入り反発し、米国のテクノロジー株はインフレがピークアウトしたとの楽観的な見方が広がり、上昇を主導しました。ナスダック100は5%近く上昇し、S&P500と小型株のラッセル2000…

続きを見る

週刊マーケット・レポート 7月4日

市況概要 世界の株式市場は2022年上半期を弱い動きで終え、米国株は1970年以来最悪の年明けとなりました。S&P500とダウ30はそれぞれ2%と1%下落し、ナスダック100は4%の下落でさらに悪い結果となりまし…

続きを見る

週刊マーケット・レポート 6月27日

市況概要 先週、世界の株式市場は力強い回復ラリーを展開しました。景気後退の危機に対する懸念が、FRBが引き締め策にそれほど積極的でないとの楽観論によって相殺され、米国株式市場が前週の損失を帳消しにしたことがその主な理由で…

続きを見る

週刊マーケット・レポート 6月20日

市況概要 先週、米連邦準備制度理事会(FRB)が短期金利を1994年以来最大の75bps引き上げ、世界の株式市場は急落しました。米国株はS&P500、ダウ30、ナスダック100がすべて5~6%下落し、下落を先導し…

続きを見る

週刊マーケット・レポート 6月13日

市況概要 先週、世界の株式市場は、予想を上回る消費者物価指数の発表により、インフレがピークに達したのではないかという期待を裏切られ、大きく下落しました。米国株はS&P500、ダウ30、ナスダック100がいずれも5…

続きを見る

© Smart Trade Inc.